ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^

カテゴリ:ガーデニング( 2 )



ガーデニングを始めた時期から気になっていた種類。

なかなか苗も売ってなくて、通販で売っててもボッタ感のあるものだったため
種を入手して、育てることにした。


去年は花芽は出ながらも、伸びる前に水分不足なのか害虫のせいか折れてしまった。


発芽まで1ヶ月。
それからこうなるまで 3年の月日が経ちましたとさ♪
b0230805_21334991.jpg
いやあああ、綺麗だわ。
ホント。
この形の花房・・・好きだな♪

b0230805_21335030.jpg
次はヌマトラノオを入手するか?www
(ちなみに水草で売られているミズトラノオは、シソ科で、サクラソウ科のオカトラ、ヌマトラとは別種。)







[PR]
by elco-pecador | 2014-06-10 21:40 | ガーデニング | Comments(0)


程よい時期がやってきたので

スイレンの下準備をしてみた。



普通はスイレン鉢など陶器製のを使うのが一般的なんだろうけど

スペースの都合上、どうしても移動させられるものがいいので
プラ系のモノを使っているelco。
自分が使ってるのは
レリーフプランター深型 600

b0230805_22391954.jpg
底網を外して、直接土を塗り込んで使う。

プラ製なだけに、育成中や冬期の枯葉の除去をおろそかにすると
画像のように壁面に黒い色が付くので、その点は気をつける必要アリwww

上記とあと耐久性、汚れやすさ等が欠点だけど

これを使う利点も結構ある。

温帯種のほとんどは根を横に伸ばすもので、特に写真のマンカラウボンは伸びやすい品種の1つ。
熱帯種(根が肥大する)なら、左右に2つ植えられるので良いかも♪・・・やったことないけどw



さて、今年の成長点(赤矢印)と昨年植えた場所の成長点(ピンク矢印ぐらい)から
b0230805_22391928.jpg
今年はなんとかもつだろうということで、このまま行こう!www


下準備とは書いたものの、去年の枯葉の除去と水の入れ替えぐらいで
あとは追肥することぐらい。

やり方は簡単
株から離れたところ何箇所かに穴を空けて
b0230805_22391971.jpg
肥料を投入
b0230805_22391913.jpg
グリグリ押し込んで、
b0230805_22391956.jpg
周りの土で押し固めるだけ。


形的には追肥だけど、今年最初の元肥になるものなので肥料の量は多め(直径25cmぐらいだったら一握りぐらい)。

肥料喰いで花が命のスイレンだけにリン酸分が飛び抜けたモノ。水中では溶解が早いために即効型ではなく数ヶ月、年単位で効くという持続型のモノを使うのがベスト(自分が使ってるのはベタだけどマグァンプK 大粒) 。





ついでだからスイレンの株分けについてちょいと



b0230805_00015898.jpg
容器から株がハミ出て、成長点からの根もハミ出すとさすがに植え替えなければいけない。さてどうするか?

悩む前に掘り出そう!www

泥を落とすのが臭いもあって大変だけど綺麗に洗い落とそう!
b0230805_00015870.jpg
根も全部切ってOK!!(画像はこれでもほとんどの根を切ったあと)
b0230805_00015812.jpg
洗っている間に自然に折れるときもあるし、手で割ってもいいんだけど
これぐらいしっかりした株の場合は出来るだけカッターなど鋭利な刃物でやる方がベター
b0230805_00015833.jpg
株の長さは小さくて7cmぐらいあれば十分。大きければ安心だけど、7cmぐらいあればその年に花は咲かせてくれるはず。
ちなみに大きくても成長点(新葉の付け)がなくては育たず腐るだけなので、成長点が無く、長いだけのもの画像の⑥の株が出来てしまった場合は残念ながら廃棄の方向で・・・
b0230805_00020361.jpg
①が10cmぐらいなんだけど、③までは年内に咲くので大きな器に。
④⑤の4~5cmのアーモンドの形のような株は年内はちょっと難しいので小さめの容器で来年まで育成するのが良いかと。




なんだか書いてるうちに今更何を書いてんの?って記事になってしまった^^;
まだ植え替えてない人の参考になれば良いけれども。。。




次回は孵化し始めているメダカでも書こうかな~。
では。。。




[PR]
by elco-pecador | 2014-04-12 00:25 | ガーデニング | Comments(2)