ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^

カテゴリ:他のさかな・いきもの( 17 )



b0230805_03181903.jpg
派手www


何の魚なすぐ分かるよね?







b0230805_03181861.jpg
カージナルテトラ

大したこと(繁殖)もしてないのに、何度登場させてるんだ!?って言われそうだけど、
好きだからしょうがないやんwww
最近余裕がなくて就寝中の水換えになったけど、そのおかげで大人しいカージナルを「どアップ」で撮れたので載せてみた。

背中はやっぱり夜モードで綺麗ではないけど、これでも十分綺麗だね^^








[PR]
by elco-pecador | 2014-06-14 19:00 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)

水族館は大人でも楽しめるいいとこじゃ~♪

b0230805_21580358.jpg

そういえば、コレがスーパーの魚介コーナーでビン入り(氷漬けwww)で売ってたことあったな~~^^;







[PR]
by elco-pecador | 2014-05-09 21:59 | 他のさかな・いきもの | Comments(2)


今回はイモムシ関係(ハニーワーム:ハチノスツヅリガ)なので、読みたい人だけ続きからどうぞ







ワード検索数が当ブログ第3位とかwww
[PR]
by elco-pecador | 2014-04-28 01:02 | 他のさかな・いきもの | Comments(2)
b0230805_19353443.jpg
ふとタンポポの葉っぱを見たら、こんな子が。。。

アリクイみたいな口。




これで分かる人は少なそうだ。

b0230805_19353424.jpg
これはゾウムシの1種。
種類はイタヤハマキチョッキリと思われる。
チョッキリゾウムシ科って軽くフフフッって笑ってしまうような分類。
まぁ同定できないので、イタヤハマキチョッキリっぽいってことで。。。

非常に綺麗なので撮ってみた♪

自分がゾウムシといってすぐに連想するのが、バカの壁でおなじみ?の養老氏だったりする^^;
講義でゾウムシについて言ってたか記憶にない(汗)けど、その後テレビでゾウムシについてしゃべってたな~という。。。
ただ、とびっきりのマニアってことだけは良く分かったwww


このチョッキリは角度でぜんぜん違う発色をして、見惚れるほど。
b0230805_19353412.jpg
b0230805_19353437.jpg

ただ、小さい(7~10mm)のが玉に瑕^^;


こういう昆虫も見られるようになって、春になったね~って感じがする。







[PR]
by elco-pecador | 2014-04-18 20:31 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



自分が熱帯魚を始めたのは高校生のとき。
近くに出来たホームセンターの熱帯魚コーナーで1時間も眺めてたぐらい衝撃だった。
そもそも自分の脚で行けるところに熱帯魚を扱っているところなんてなかったし、水槽を置いているペットショップ的(今思えばペットショップともいい難いけど^^;)なところでも金魚とメダカぐらいだった。

水草水槽を始めて12年。所謂一回り過ぎたなと思ったので、今回こんな記事を書いてみることにした。




自分が水草水槽(ネイチャーアクアリウムなんて呼べる代物ではないw)をやるときに必ずいるなと思い出したこの魚。

b0230805_03183584.jpg
 カージナルテトラ
なぜなら、映えるから。そしてコレ系の中で配色が一番好きだから。
まあ繁殖を一応狙って育てているという面もあるんだけど、思い出してみると必ずいるなと。
一時期ショートラインを探して楽しんでいたときもあったが、今はもうノーマルに落ちついている。
いないと寂しいから、絶えず泳がせている。
そして案外長生きなので、2~3年は付き合える。
安いからぞんざいな扱いをされて輸入されてくるけど、感謝の思いでいっぱい。



そしてこれもほぼ全期間いるなというのがコレ。

b0230805_03183564.jpg
 ミナミヌマエビ
近所の川で採取できるというのもあるからすごく身近。
ビーに走ったときもあったが、やはり丈夫さで長いことお付き合い。
この子も何世代目かは分からないけど、昔から系統維持出来ているわけじゃない。
簡単に維持できるんだけど、長く飼育していると全滅させてしまうこともある。なんだか不思議なお付き合い。
こうやって思い出すと、殺してしまった子たち(ヌマエビだけでなくお魚も)のことを本当申し訳なく、でも飼育技術を上げさせてくれて感謝している。






思い出してみると、案外最初のころからの付き合い的な魚はそんなにいないのだなと実感。
これを読んでくれている方々はどうなんだろう?
案外少ないんじゃないかな。
種類だけでいえば多分自分も3桁近くにはなっていると思うけど、残念ながらずっと維持出来ているのはいないし、ずっと同じ種類を飼っているのは上の2種ぐらいなんだとちょっと寂しいというか、自分の飽きっぽさにちょっと。。。というか。
まぁこれがアクアリストの性ではあるんだけどね。







上の2種のほかについでに撮ったのも載せておこう。


b0230805_03183595.jpg
 レッドファントム・ルブラ
飼い込むほど赤くて綺麗。

まだこの魚を飼ったことの無い人へ一言。

このルブラは採集地で大きく変わってくる種類なのを忘れないで。
場所によっては、東南アジアブリードのレッドファントム並みの色で落ち着いてしまう子もいれば、
写真より遥かに綺麗な赤味をもつルブラもいるので、入荷したてよりも出来れば落ち着くのを待ってから購入して欲しい。
遥かにすばらしいものは着いたばかりでも、綺麗なのもいる。

ルブラに限らず、ハイフェソブリコン属は現地でも完璧な分類は出来ていないので、結局当たり外れがあるということ。
これは忘れないで欲しいなと思う。

自分はまだハイフェソブリコン属に対して知識のない頃、コペランディの名で購入したものが育ててみたらコペランディとは似ても似つかない体型になったことがあったな~。初コペランディのつもりだったのでショックだったな~。
写真は色が派手になるようにフラッシュ撮影してあったしな~。こんなこともあるから気をつけてね~w(その店から2度と魚買ってないわそういえばw)

上の写真より綺麗なのもいると書きながらも、実はこのルブラも当たりの方で
常時餌に色揚げ成分はほとんど入っていないし、ブラインも撮影から2ヶ月ぐらいは与えていない。それでこの色なので、自分がもっと真面目に色揚げすれば多分もっといい色になるはず・・・



 最後に、我が家にいなくては困る相棒

b0230805_03183932.jpg
サイアミーズフライングフォックス

詳しくは書けないけど、実は自分ところの用水はある成分が多めに入っていて
これが黒髭コケの原因と思われる、行きつけの店の店員さん情報だと周囲でもやはり他のコケが全く出ないぐらいの水環境にしても黒髭だけは出てくるというのがみんなの共通点。アクアリストのドクトルが水質調査してそのある成分が出ていると分かったそうな。
こわやこわや。もうひとつそれと包めてアレの原因となっているかもなんて話をしたのはもう何年前の話だろう。。。こわやこわや。
それ以来、そういえば自分水道水はあまり飲んでないや^^;


さてさて、その話はどうでもいいとして
フォックス君はヒゲコケ対策として出てくる生物兵器の1種。

非常に丈夫で、食欲旺盛。

あまり髭苔対策に期待するなと書かれている場所も結構あるみたいだけど、あなどるなかれ。
かなり食べるよ♪ 飼育者の工夫次第の条件付だけど^^

まずひとつ。
1匹や2匹じゃ大した効果はない。飼うならもっと沢山。
そして小さい個体を!! 全長7cmぐらいの大きい個体はまず黒髭食べないから。

つぎは選び方。
お店を選ぼう!
管理の行き届いた素晴らしいお店なら、ネイチャーアクアリウム内にいるフォックスを。
ひとつの水槽にまとめられてプリプリに育っているフォックスは買ってはいけない。なぜなら人工飼料や赤虫などの味を覚えてしまっているから^^;
理想はホームセンターの薄暗い魚売り場だったり、
死魚が放置してあるようなお店の、小さくてホッソリ(入荷当日個体だったりお腹の凹んだ個体という意味ではないよ)したフォックスを買って来よう!
なぜ、そんな個体がいいのか?
単純に飢えているから、初日から水槽面や水草の表面をつついてくれるはず。非常に丈夫なので、そんな個体で水合わせをいい加減にやっても落ちない。フォックスも選び方次第で効果も大きく変わってくるのを忘れないで!

最後
餌を控えめに。フォックスも常に飢えた状態しておく必要があるので餌の量の工夫が大事。
小さいフォックスならば餌とり大会にあまり参加できないので、導入前のいつもの量か2割ぐらい減らしたぐらいで調整してみるとフォックスに餌は行き着かないと思われる。

こんな感じで管理してやれば、髭苔とりの働きをしてくれるはず。
効果がないとか、効果はそれほど。。。と書く人は多分、上記のような工夫は一切していないと思う。

髭ゴケに泣いている方は、一度上記の方法を試してみるのもいいのではないだろうか。






なんだかフォックスに熱くなってしまったが、

まぁ今回の記事で何が書きたかったのかというと・・・ ワカラネwww



とりあえず前回の記事から1記事1記事を長く、出来れば中身のある記事を書いてみようと思っていた。それだけは分かってもらいたい^^






[PR]
by elco-pecador | 2013-11-17 04:12 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



ハニーワーム、成長はゆっくりですが

結構成長してきた。

b0230805_0381597.jpg


やはり温度が高いと成長がビックリするぐらい早い。

急に寒くなってきたときから、なかなか大きくならない日が続き、

しょうがないと小型水槽につけている蛍光灯の上に置いたら画像より大きなやつも。。。

その大きなやつぐらいのサイズになると、生々しくなってくるね^^;

今は1cm弱~1.5cmぐらい。

使い道がないんだけど、どうしよ?w

食べてみるか?www
[PR]
by elco-pecador | 2013-11-01 00:38 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



無印さかなのハズなのに、

最近の記事は無印昆虫になってるけど、まぁ秋冬になるまではこの体制で。。。



産卵の記事からちょうど1週間あたりで孵化した幼虫

b0230805_20342837.jpg


小さいくせにクソ早い。
ツルツルプラケースでも容易に登っていく素晴らしいやつら。

親はすでに☆になり始めていて、ほとんどはもう飛べない状態に。

幼虫を別ケースに移して、
自作ハニーワームフードを投入。これでしばらく維持できるかどうか。。。

デリケートなのかそうでないのか分からないのだけど
しばらく様子を見ようと思う。


面白いことに
ハニーワームの卵っていうのは、澱粉糊を薄く塗ったときみたく固まるというのを初めて知った!

ネットで見てもあまり卵について書かれてなかったし、なんか面白かった。

産卵用ケースから偶々手元にあったスポイトで剥がしたのが、下の画像。

b0230805_2034364.jpg


潰れてはいなさそうなので、
案外耐久性のある卵なのかも。。。


何日で販売されてるぐらいの大きさになるか。


ネットではあまり書かれていないこともあるので、実際自分でやるのは楽しいね。
[PR]
by elco-pecador | 2013-09-29 20:41 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



日に日に成虫のお腹が小さくなってくる。

目に見えて分かるぐらいなので、やはり卵を産むためだけのステージなんだなということが良く分かる。

だから成虫を餌としてやる人はやはり羽化したてを与えないといけないと思う。
もはやブラインと一緒で、栄養分は時間との勝負。


ということで、運よく明るいときに産卵していたので
産卵の瞬間を撮影することが出来た。

b0230805_2173638.jpg

産卵管で場所を探し、程よい場所を見つけたら

b0230805_2174351.jpg

透き通っているので、管を通るのが肉眼でハッキリと分かる。

b0230805_2174955.jpg

産んだ。

b0230805_2175435.jpg

即、次の場所を探す。


見ていると、数が多いので当たり前なのだが
産卵の間隔が早くて忙しそうに見える。


さて、何日で孵化するものだろうか。
楽しみ。
[PR]
by elco-pecador | 2013-09-25 02:23 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



ハニーワーム羽化!

b0230805_19523984.jpg



自分のブログで確認してみたら、2週間ちょいで羽化。
こういうとき便利ねw

思ったより時間がかかったのは
釣り餌用に長い時間冷蔵されていたからかな??


容器は2つに分けてあるけど
片方の容器にはすでにこんなものが・・・

b0230805_19545181.jpg


別の容器ではちょうどペアが交尾してたし、

今回は観察できるように何も入れなかったけど
次世代からはなにか産卵床になるものをいれないとな。

幼虫がモグモグ食べるのをみるのが楽しみ。



孵化まで何日かかるんだろう?
[PR]
by elco-pecador | 2013-09-21 19:57 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)



餌用に使われるハニーワーム。

別に自分ところに食べるやつらはいないけれど
一度やってみたかったので、購入してきた(釣り餌のブドウ虫)

・一応興味があった。
・elcoは(攻撃性のある種を除いたものの)飼育に関しては一度はやってみたい主義
・去年のメダカ用マスの養殖餌が余っている。(酸化を気にして新しいのを購入したばかり)
・ミルワーム用にストックしてあった(もう飽きて止めたw)フスマ系のものが大量に余っている。

こんな感じで。
理由は単純古い餌の処分が一番の理由かなw

処分するのも気が引ける量残ってるので・・・

ガイマイゴミムシダマシかこっちで迷ったけれど
ミルワームの貪欲版という感じだし
どうせやるならあまり好きではないイモムシ系にしようと^^;


b0230805_22393959.jpg


検索してみると糸を引かないものはホルモン処理されているようで
しっかり糸を出している種類を購入。

b0230805_22411944.jpg


イマイチハニーフードの作り方がわからないけど追々やっていこうと思う。

だれかベターな作り方教えてつかぁさい! パサパサにしたらいいのかドロドロにしたらいいのか・・・


彼奴らは早速フタに糸張って定着。

b0230805_22473167.jpg


すぐに蛹にでもなるのかな?
[PR]
by elco-pecador | 2013-09-06 22:49 | 他のさかな・いきもの | Comments(0)