ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^


さて、卵を確保できたら
あとは孵化・稚魚育成

何をしたらいいか?
それはまず最初は待つこと(笑)

ってのは冗談で
孵化まで2日強
魚類というのは卵胎生以外は大体が孵化してすぐ餌を食べることはなく今回のハナビの場合は底にじっとしていたり、壁面にピッタリくっついてヨークサックが体に吸収されるのを待つ。
b0230805_19590113.jpg
孵化から餌を食べるまで3~4日(26℃条件)掛かるので
その間に初期飼料を用意すること。

インフゾリアが用意出来ない場合は、うなぎの粉餌を使うなど出来る。
ただ粉餌は比較的食いが悪く、
キョーリン冷凍ワムシを購入してくるのもひとつの手。
っていうか、ブラインよりこっちの方が手軽だと思う。


下の画像のように、自由遊泳開始直後のハナビにはブラインでは大きすぎる。
右のほうにいるのが画像はケンミジンコの仲間(1~2mm)。
冷凍ワムシは1/4以下(250~300μm)なので、冷凍餌とはいえ使えることが分かると思う(使用時には良く解いて、大きな塊は水質悪化にしかならないので除くこと)。
b0230805_21303635.jpg
食べたかどうかを判断するには
腹が若干膨らんで色づくのを見るか、糞(画像)を確認するかどちらか。
インフゾリアを食べた場合は白い胃になり、ブラインを食べた場合はオレンジになる。
餌をインフゾリアからブラインへ切り替える際、実際食べている場合は普段の白ではなくオレンジになるので、食べているところを実際に見ていなくても確認できる。

切り替えの時期は大きさを見ながらだけど
孵化から10~14日程度。

育つスピードはバラバラなタイプで成長スピード自体が遅い種類なので、
焦ってブラインに切り替えても落ちる個体が増えるだけなので、根気強くインフゾリアや冷凍ワムシを与えることで歩留まり率(ここでは稚魚死亡率の意味)を高くすることが出来る。


1ヶ月半ぐらいでこのぐらいになる(画像の個体は1.2cm)
b0230805_21535195.jpg
成長の早い集団が1cmを超すようになると、成長がバラバラになってくるので、小さい個体にも餌が行き渡るように注意する。

2ヶ月もすれば親のような発色を始める。
b0230805_21561554.jpg
色付き始める頃の注意点としては
上下の画像で分かるようにお腹が出っ張らなくなり(下の個体も満腹状態)、体の大きさに対しての相対食事量が減る。
ここで頻繁に餌を与えるか与えないかで、成長スピードが大きく変わるので早く成長させたい人はここからを1日3~5回など回数を増やすこと。
まぁ飼育者の生活リズムが何よりも一番大事なのでw
2回のままでも多少成長が遅くなる程度で問題ない。

上の大きさになれば、親の水槽と一緒にしても問題ないけど
同じく餌の取り合いには負けるので、その点は気をつけなければならない。


1cm超せば人工飼料は口に入るサイズであれば食べてくれるので、切り替えなどはご自由に。



簡単な育成方法と注意点は以上。

グッピーほどじゃないにせよ、初めての人でも簡単に増やせるコイ科の入門種といっていい種類なので、是非やってみて欲しいと思う。

買ってきたハナビと自分で生ませ育てたハナビとでは飼育している気分もぜんぜん違うよ♪

b0230805_22082589.jpg







[PR]
by elco-pecador | 2014-03-17 20:00 | ミクロラスボラ ハナビ | Comments(0)

続き。

b0230805_19354415.jpg
ハナビの卵は沈下性で非粘着卵なので水槽の底にパラパラと落ちているので、吸って孵化水槽に移動させると育てやすい。

b0230805_19360735.jpg
卵膜を含め1.2~1.3mm、卵黄細胞は1mmぐらいか?



b0230805_19360659.jpg
20時間後の卵。
実験などとは違って産卵直後に採卵できるものではないので、ほぼ1日経ってると見ていいだろう。

その24時間後(産卵から2日)
b0230805_19360656.jpg
この頃になると、もう孵化間近。
つまりは
正確ではないけど26.7℃条件(当時の孵化水槽の水温)で48時間~54時間ぐらいで孵化するということで。。。


注意!
上の画像より前の、体に色がつき始める頃は水流も含めできるだけ外圧を掛けないこと。
この頃には卵膜は脆くなっていて、弱い圧力でも破れて仔魚が飛び出してしまう。
目が色付く前に飛び出してしまう(下の画像)と後々ベリースライダーになったり、成長していく段階で背骨が曲がるなどの確率がかなり!かな~~り!高くなるから。
b0230805_21204397.jpg
b0230805_21185420.jpg




ってことで、次回ハナビの繁殖まとめのラスト。
この時点で大した記事ではないのがバレてるねwww




[PR]
by elco-pecador | 2014-03-14 21:30 | ミクロラスボラ ハナビ | Comments(0)



前に紹介したコメット

産卵させています。



・・・ただ、過熟卵だったのか、初めてでうまくいかなかったからなのか
オスが追星がある割りに積極性に欠ける感じだったこともあり
95%ぐらい、カビ卵でした。


また、メスのお腹が膨れているので、
この梅雨入りを利用して、容器に大量の水を貯めて再トライしようと思います。




b0230805_1445061.jpg

生き残った5匹の中の1匹。
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-29 01:44 | 金魚・鯉 | Comments(0)


なぜか、前回の記事の一日の訪問者数が過去最高に多いという不思議な現象がありました。

なんでしょうね?

何かんだ大した記事を書いてないのですがw



さて、前回進展があったというレッドファントムルブラ

進展というとアレしかないのですが、

実は前回更新したときには産卵成功していました♪

b0230805_22365834.jpg


卵が同じ形ということで、卵だけ載せるのも・・・と思ってたのですが
ようやく稚魚が落ち着き始めたので更新することにしました。


産卵数が少なめだったこと、

初期の私のとある失敗が原因でかなり多くの数を落としてしまいました。

数が1桁しか残ってないだろうという感じですが
育て切りたいと思います。

b0230805_22394643.jpg


失敗原因と、現在の仔魚動きなどから見受けられる性質等を考慮した工夫(過去のロージー繁殖を活かしたもの)を考えてはいますが、

次回産卵させたときにしか確認ができないので、次回までお楽しみにということで。


心残りなのは、産卵温度等を残していないこと。
温度計は屋外水槽と水草水槽に取られて、残った1個はちょうどネグロの産卵促進のための水温調節用に使ってあるので無かったんです^^;

これもまた次回以降ということになりますが、ごく僅かな訪問者の方々はもう少し待っててください(待ってないだろうけどw)。
[PR]
by elco-pecador | 2012-07-09 20:52 | レッドファントムルブラ | Comments(0)



アクアに嵌った人間のベスト1の悩みですねwww


ネグロを産卵まで持っていこうにも、専用水槽を作れない。

そろそろコバルトロージーを仕上げたいなと思っても水槽が作れない。

そのくせ
アピストとメダカが生まれるので、足りません。


ということで、久しぶりにサテライトを使いました。


ちょっと前までは、温度が低すぎて稚魚には影響が大きすぎるので使えませんでしたが、
そろそろマシになってきているだろうということでの使用です。

b0230805_193017.jpg


温度をできるだけ保とうと、水量アップにグレードアップセットを付けてみました。

確かに流量はアップしたかもね。
某大手通販点でたまたま欲しいものがあり、ジュース1本分ならとついでに買ったのでいいのですが、
250~300円の価値はあるのかな~?という疑問は残りますw


脱線しましたが、

この中にはトリファとウィルヘルミーがいますけど、
さすがに今の時点では判別不能ですね^^;

b0230805_1155153.jpg

[PR]
by elco-pecador | 2012-03-24 01:15 | アピスト | Comments(0)

ブラインを1日に2.5~3cc沸かしていますが、足りないようになってきました。

普段は稚魚に与えて余ったものをアピストや繁殖狙いのカラシンに与えていますが、

7割程度がポリセントラスの稚魚のお腹の中に入っています^^;


b0230805_17143299.jpg


さすがに大方の個体が1cm台になったので、消費量も凄くなってきましたね。

そろそろイトメ中心の育成に切り替えることも考えなければいけないのかなと思っています。


ただ、この中間は顆粒状の人工飼料を与えましたが、ある程度の大きさであれば4割程度の魚は食べるようです。
やはり沈み始めたもの、つまり動いているものを好んで食べていますが、
数が多い分、沈んでいても食べようとはするようです。






さて、

前回載せた産卵ものは孵化後、動き始めました。

b0230805_17144596.jpg


最初の産卵の後は非常にカビ卵が多いようです。

産卵床や障害物との距離などで変わってくるかもしれません。

この頃になると何処でもくっついています。


ブラインを食べ始めるのは、前回のデータを参考にすると3日後です。
[PR]
by elco-pecador | 2011-12-20 20:30 | ポリセントラス | Comments(0)




ポリセントラスが産卵したと思えば、

リタイヤさせたアピストが連続で産卵したり、その下の世代が産卵したり、

フタホシを産卵させたり、

夜中に庭でワラジムシを探したりで

更新をサボっていましたwww


せっかく1日お二方程度のご訪問が、今週は倍前後になったというのに。


最近は餌用にワラジムシを繁殖させるために捕獲したり、コオロギを孵化させたりしています(誰のためなのかは後日紹介)。ミルワームを除く昆虫自体は小学生以来の飼育なので、その頃の気持ちが甦ってくる感じで何だか楽しいです♪

・・・でも、フタホシはゴキブリに見えるな~^^;




さて、ポリセントラスの仔魚の成長を見てみましょうか。


孵化から3週間程度の画像です。

b0230805_23262270.jpg


成長はかなり遅いようですね。体には縞々が出始めました。

36cm水槽に1000匹近くを収容しているのでオス親用にヌマエビを与えると水槽内が凄いことになってます(笑)

この狭い環境で1000匹近く育っている割に、
全く落ちていないようです。
1日に1回はじっくりと観察するように心がけていますが、今まで一度もソイルの上に横たわる個体はいませんでした。
同時進行で育成中のアピストの仔魚の方が何倍も弱い感じですね。


なかなか興味深い種類です。
[PR]
by elco-pecador | 2011-11-20 23:26 | ポリセントラス | Comments(0)



相当数の仔魚が孵化しています。


未受精卵はほぼゼロ。見落としてた可能性が無くもないけど、

アピストなどのような卵の管理(未受精卵は食べる)ではないので、今回の受精率は限りなく100%に近いでしょう。


そういえば、オスは最初の日こそ一生懸命卵に水を送っていたけど、2日目からいい加減になってきてたな~^^;


ひたすら産卵した区画あたりを守っているという感じです。




孵化から2日。

b0230805_20583816.jpg


仔魚が色々な場所でぶら下がるようになる。


正面から見るとシイラをイメージする額をした形で面白いです。
[PR]
by elco-pecador | 2011-10-29 21:01 | ポリセントラス | Comments(0)