ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^



少しずつ春らしくなってきたので
たまには卵にもスポットを当てよう。

自分にとって大事な品種は、最低水温が15℃以上になってからでないと外には出さない。
だから今の時期、すでに室内のメダカは産卵を始めているわけで。
b0230805_23403263.jpg
画像は月虹の卵。
結局はメダカの卵なんだけど(笑)
なんか子供のときの理科の教科書に載っていた絵そのもの^^

b0230805_23403262.jpg
b0230805_23403249.jpg
光の角度によっては毛(の根元?)に反射して
変わった色を出してて綺麗やな~^^










[PR]
by elco-pecador | 2014-03-21 21:21 | めだか | Comments(0)

続き。

b0230805_19354415.jpg
ハナビの卵は沈下性で非粘着卵なので水槽の底にパラパラと落ちているので、吸って孵化水槽に移動させると育てやすい。

b0230805_19360735.jpg
卵膜を含め1.2~1.3mm、卵黄細胞は1mmぐらいか?



b0230805_19360659.jpg
20時間後の卵。
実験などとは違って産卵直後に採卵できるものではないので、ほぼ1日経ってると見ていいだろう。

その24時間後(産卵から2日)
b0230805_19360656.jpg
この頃になると、もう孵化間近。
つまりは
正確ではないけど26.7℃条件(当時の孵化水槽の水温)で48時間~54時間ぐらいで孵化するということで。。。


注意!
上の画像より前の、体に色がつき始める頃は水流も含めできるだけ外圧を掛けないこと。
この頃には卵膜は脆くなっていて、弱い圧力でも破れて仔魚が飛び出してしまう。
目が色付く前に飛び出してしまう(下の画像)と後々ベリースライダーになったり、成長していく段階で背骨が曲がるなどの確率がかなり!かな~~り!高くなるから。
b0230805_21204397.jpg
b0230805_21185420.jpg




ってことで、次回ハナビの繁殖まとめのラスト。
この時点で大した記事ではないのがバレてるねwww




[PR]
by elco-pecador | 2014-03-14 21:30 | ミクロラスボラ ハナビ | Comments(0)



ネグロは80弱ぐらいの卵でした^^;

もう、このままにして
次回産卵を促し続けたいと思います。
若干カビ卵率が多い気がするので、過熟気味かと・・・



ついでに、金魚のコメットも産卵したんですけど

こっちも相変わらず過熟卵ばかりなのね~^^;

b0230805_031937.jpg


前回はメスの休養&卵の孵化のために大水槽に戻したので

今回は次の産卵まで、同じ水槽に入れておこうと思います。


今回はオス2対メス1
水温・・・測ってない(笑)
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-31 00:06 | 金魚・鯉 | Comments(0)


前回更新のあと卵だけ取り出しましたが、その後少量産卵していました。

でも全部カビました。自分のせいです^^;



そして何故か取り出した卵の3~4割ぐらいカビてしまっていますが、

メチレンさんのお陰で何とか全部カビることは避けられています。

大きな腹になってかなり経った後だったし、過熟卵が多かったのかな。

今回の♀を次回産卵させた時も多かったら、♂の方に原因があるということかもしれませんが。




さて、今回の卵は数を数えていませんがそれなりに数は採れています。

発生はしっかりしています

b0230805_21352993.jpg


ので、後は自分の腕次第。

自分の過去のブログを参考にしてw育てていきます。



受精から24時間以上経過した状態ですが、

偶にピクピク動いています。

動画もアップしようかと考えましたが、過去の動画も視聴数は大したことないのでアップしないかもしれませんw


何せ、このブログですら1日平均5人の方がいらっしゃるだけのブログなので(笑)
[PR]
by elco-pecador | 2012-06-24 21:37 | オトシンネグロ | Comments(2)



また産卵しました^^;


b0230805_21211911.jpg



前回の産卵数が1回目の1/3程度だったし、腹が凹まないというのもあり、もう一度あるかもしれないな~とは思っていましたが・・・

ちなみにメスは大きさ的に3回とも同じメスだと思われます。

もう1匹のメスも腹がはち切れんばかりの膨らみ具合ですけど、こちらはスイッチが入らないようです。



今回は思うところもあって、人工孵化させてみたいと思います。


実験ついでに、産卵の途中で枝流木を傍に置きました。
ボコンボコン音とたててショックを与えてみましたが、

数分の中断があっただけで、また産卵に戻っています。


ポリセントラスの人工孵化をしてみようにも
今アピストも人工孵化を終えて浮上待ちの状態なので、
ケースが空いてないんですけど・・・どうしよう?(笑)
[PR]
by elco-pecador | 2011-12-14 21:25 | ポリセントラス | Comments(0)


初めての体験となる種類の産卵である以上、

何個産むのかは気になるところです。

孵化・子育てまで管理するタイプの魚の場合、
初めての産卵の場合は一切弄らないのですが
このリーフの食性、口のサイズなどから、食卵はあり得ないと判断して流木を裏返して確認してみました。

今はデジカメという本当にいいものがありますね^^

全部写りこむ角度で2、3枚撮り、後で数えてみました。


何個あったと思います?


b0230805_2123059.jpg



産卵後に手に入れた熱帯魚繁殖大鑑(今更ですね^^;)には150以上って書いてありましたけど・・・



















約1000個!!

数えるのに目がチカチカしちゃいましたよ^^;


ほぼフルサイズの親魚だけに、凄い数です♪


産卵に半日もかかる訳だwww
[PR]
by elco-pecador | 2011-10-27 21:05 | ポリセントラス | Comments(0)
いつ導入したか覚えていませんけど、

ポリセントラス(別称 ションベルギーリーフフィッシュ  ポリセントリーフ ションブルグリーフフィッシュなど)

b0230805_22435763.jpg


3尾飼育していました子たちがペアをつくり、先日産卵しました!

オスは子育て中で測るチャンスがありませんが、

メスは産卵後、隅でボーっとしていたので測ると全長約7cm、体長約5.5cmありました。

オスは気持ち大きい感じなので、全長7.5~8cm、体長6~6.5cmといったぐらいでしょうか。


3尾導入したら、上手い具合にオス2、メス1となったようです。


今回繁殖に参加していない個体は、後日メスに向かってダダをこねてたw(メスへの求愛行動らしき動き。実際見れば、この言葉が分かります。)のでオスだと思います。


正直資料は無く、ネットで調べてみても大した情報は出てこない状態。

しょうがないので、オヤニラミの産卵をイメージして、繁殖に臨みました。


産卵より5日前のメス画像がありますが、結構ふっくらしてると思いませんか?

b0230805_22585165.jpg


なので、そろそろいい頃合と思って水替えとアンブレラリーフ投入!!


それで翌日産卵したという感じです。

b0230805_22461041.jpg



どんな産卵だったんでしょうかね~!?



次回へつづく
[PR]
by elco-pecador | 2011-10-25 23:01 | ポリセントラス | Comments(0)