ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^


さて、卵を確保できたら
あとは孵化・稚魚育成

何をしたらいいか?
それはまず最初は待つこと(笑)

ってのは冗談で
孵化まで2日強
魚類というのは卵胎生以外は大体が孵化してすぐ餌を食べることはなく今回のハナビの場合は底にじっとしていたり、壁面にピッタリくっついてヨークサックが体に吸収されるのを待つ。
b0230805_19590113.jpg
孵化から餌を食べるまで3~4日(26℃条件)掛かるので
その間に初期飼料を用意すること。

インフゾリアが用意出来ない場合は、うなぎの粉餌を使うなど出来る。
ただ粉餌は比較的食いが悪く、
キョーリン冷凍ワムシを購入してくるのもひとつの手。
っていうか、ブラインよりこっちの方が手軽だと思う。


下の画像のように、自由遊泳開始直後のハナビにはブラインでは大きすぎる。
右のほうにいるのが画像はケンミジンコの仲間(1~2mm)。
冷凍ワムシは1/4以下(250~300μm)なので、冷凍餌とはいえ使えることが分かると思う(使用時には良く解いて、大きな塊は水質悪化にしかならないので除くこと)。
b0230805_21303635.jpg
食べたかどうかを判断するには
腹が若干膨らんで色づくのを見るか、糞(画像)を確認するかどちらか。
インフゾリアを食べた場合は白い胃になり、ブラインを食べた場合はオレンジになる。
餌をインフゾリアからブラインへ切り替える際、実際食べている場合は普段の白ではなくオレンジになるので、食べているところを実際に見ていなくても確認できる。

切り替えの時期は大きさを見ながらだけど
孵化から10~14日程度。

育つスピードはバラバラなタイプで成長スピード自体が遅い種類なので、
焦ってブラインに切り替えても落ちる個体が増えるだけなので、根気強くインフゾリアや冷凍ワムシを与えることで歩留まり率(ここでは稚魚死亡率の意味)を高くすることが出来る。


1ヶ月半ぐらいでこのぐらいになる(画像の個体は1.2cm)
b0230805_21535195.jpg
成長の早い集団が1cmを超すようになると、成長がバラバラになってくるので、小さい個体にも餌が行き渡るように注意する。

2ヶ月もすれば親のような発色を始める。
b0230805_21561554.jpg
色付き始める頃の注意点としては
上下の画像で分かるようにお腹が出っ張らなくなり(下の個体も満腹状態)、体の大きさに対しての相対食事量が減る。
ここで頻繁に餌を与えるか与えないかで、成長スピードが大きく変わるので早く成長させたい人はここからを1日3~5回など回数を増やすこと。
まぁ飼育者の生活リズムが何よりも一番大事なのでw
2回のままでも多少成長が遅くなる程度で問題ない。

上の大きさになれば、親の水槽と一緒にしても問題ないけど
同じく餌の取り合いには負けるので、その点は気をつけなければならない。


1cm超せば人工飼料は口に入るサイズであれば食べてくれるので、切り替えなどはご自由に。



簡単な育成方法と注意点は以上。

グッピーほどじゃないにせよ、初めての人でも簡単に増やせるコイ科の入門種といっていい種類なので、是非やってみて欲しいと思う。

買ってきたハナビと自分で生ませ育てたハナビとでは飼育している気分もぜんぜん違うよ♪

b0230805_22082589.jpg







[PR]
by elco-pecador | 2014-03-17 20:00 | ミクロラスボラ ハナビ | Comments(0)

更新頻度上げなきゃって書きながらコレですよ(笑)


ネタが無いっていえば、ネタがない><

メダカが本格的に繁殖期に入ったぐらい・・・


ネグロはこんな感じに育っています。

b0230805_2159834.jpg


前の記事と比べてみれば、少し大人っぽい体型になったのが分かると思います♪

b0230805_21591752.jpg


床の画像。



この時期からポツポツ落としてしまう自分。
水換え頻度が少なすぎだってのは分かります^^;
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-27 22:01 | オトシンネグロ | Comments(0)

内容がないブログなんだから

更新回数ぐらいはあげないと^^;

b0230805_4363398.jpg


右上がブラインです。

よくもまあこんな大きいものをお食べになること・・・



そろそろ産卵第2弾に取り掛かりたい。

ってことで、水槽洗ってとりあえずソイルをセットしました。
投げ込みフィルターでぐるぐる水をグルコサミン♪
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-09 09:00 | オトシンネグロ | Comments(0)


何度も見てるけど、

こうやって生まれると撮影したくなる・・・

b0230805_21232427.jpg


そろそろ良きデジカメを買わなければいけない気がする(笑)






画素も悪いピントも合わない^^:
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-05 21:26 | オトシンネグロ | Comments(0)

先日産卵させましたが、

毎回思うのが、

最初にブラインを食べる個体と食べない個体の違い。

b0230805_19212865.jpg


この個体は何も食べていないようです。
1匹落ちてしまったのも、透明感が強く何も食べてないような感じでした。

口の大きさなんですかね?

今回は敢えて、インフゾリアとか用意しないでブラインから始めました。

b0230805_19213683.jpg


手間を掛けずに歩留まりを下げるにはどうしたらいいのかな?
模索中です。
[PR]
by elco-pecador | 2013-05-01 19:23 | オトシンネグロ | Comments(0)


知らないうちに生まれてました^^;

b0230805_20492986.jpg



最初、卵の受け渡し行動(未遂なのかわかりませんが・・・)をしていた親をじっと見ていたのですが、
見ている途中
小さく細長い動くものが・・・


ビックリしました!

案外簡単に生まれてしまって^^;

b0230805_20505739.jpg

(画像は発見の2日後の画像です)

食べるものが限られるので、それが難しい種類なんでしょうね。
ドイツではすでに商業ベースに乗せられるようになってるみたいですけど
日本でもまあできるといえばできると思います。
効率重視の方法さえ発見できれば・・・
国内は単価が高くなりやすいという不利な点がありますからね。。。



残念なのは発見が遅れたせいで、
すでに3匹、翌日2匹が落ちてしまったことです。

生き残りは餌を与えていて、餌を落としたときから激しく泳いで口をパクパクさせているので食べていると思われます。








底をみたところ、カビが生えている餌の残りのような物体が。。。

拾い上げてみるとどうやら受け渡しに失敗した卵のようです。

これも見落としてました^^;

b0230805_2051496.jpg




こんなんでは、繁殖成功したとはいえません。

自分の中ではしっかり管理した上で産卵
孵化仔魚からの歩留まり(養殖用語の歩留まりです)を80%以上に持っていくこと。

それを満たして繁殖成功だと思っているので、
次こそはしっかりと(笑)
[PR]
by elco-pecador | 2013-02-07 01:12 | アフリカンレッドパイプ | Comments(0)



産卵したネグロは少し落ちましたが、うまく成長しているようです。


インフゾリアとか初期飼料は用意してなかったのですが、結構いい加減でも育つことがわかりました。

b0230805_217625.jpg


ケース汚いw ろ過・エアー無しです^^;

画像からわかるとおり、
一昨日からブラインは開始。

b0230805_2333569.jpg


何匹いるかわかりませんが、今残っている子たちを無事育てられるでしょうか?





汚いケースで思い出しましたが、
結構長く使っていたことに気づきましたw

10年目ぐらいだな~www

よく壊れないなと思います。といっても6ケースまとめて通販して、3ケース残ってるだけです。1ケースは捨てた記憶はあるけど、あと2つどうなったかな~? たしか引越しのときに行方不明になったようなw
[PR]
by elco-pecador | 2012-07-02 02:36 | オトシンネグロ | Comments(0)



ブラインを沸かすことに利用していた60cmらんちゅう水槽。


アピストの若魚育成に使っていましたが、選別もほぼ終えたので、リセットしました。

1日でまた立ち上げるつもりでしたが、気合が足らずに2日放置しています^^;

ポリセントラスのメスが産卵したくてしょうがなさそうな空気を醸し出し、オスも向かおうとしていますが残念ながらガラス2枚挟んだ向こう側www

らんちゅう立ち上げまで待ってくださいな。


すでに子は十分とれているので、今度は孵化仔魚を餌として利用しようかと残酷なことを思案中です。


らんちゅうが立ち上がらない(正しくは“上げない”ですが)ので、
ブラインが沸かせません。
アピストは計算的にもう浮上してるはず(狭い中でオスと別のメスを同居中のため、表に出さないみたい)なので、ブラインを早く与えないとヤバいですが・・・

今日はおまじない程度にビネガーイールを与えましたが、食べたかどうかは不明で。


成長の遅いポリセントラスも出来るだけ餌切れはしたくないということで
しょうがなく冷凍ブラインを与えることに。


食べるかどうか不安でしたが、

b0230805_22452580.jpg


問題なく食べているようです。

ワイルドは、個体差もあるでしょうが神経質なのがいて冷凍赤虫すら食べないのもいるのでこれは私にとっては精神的に大きい!

いつか人工飼料に餌付かせることが出来たら、更に楽になるでしょうね。


ちなみに両親+メスは
アピの若魚・ヌマエビ・イトメと所謂活餌は食べても冷凍赤虫など動かない類のものは一切受け付けません。

我ながら、よくここまで餌を与え続けたな~と思います(笑)
[PR]
by elco-pecador | 2011-12-05 22:51 | ポリセントラス | Comments(0)
産卵から18時間

b0230805_13375272.jpg


24時間もすれば孵化が始まっています。

そこから水平に泳ぎだすまで4日5日ほどかかりますが、

それでも1日2日は何かに寄りかかる(画像ではスポンジフィルターのスポンジ:100均のスポンジw)

b0230805_14122292.jpg


泳ぎ出しの期間の餌はやはりブラインでは大きいようで、
インフゾリア、μワームの小さいもの、ビネガーイールなどを用意したいですね。

ここで与えるか与えないかで生存率が変わってくる気がします。


b0230805_14131675.jpg




あとは普通に育てていれば十分です。


成長はコイ科と比べると断然早いです。

1cmを超えるようになると餌の獲り方が、小型魚の稚魚からハイフェソブリコンになります(親に近づくという意味です)が、ここからが特に早い。

同時にまだ小さいにも関わらず、他個体への威嚇も始まります。




ここまでこれば、落ちる個体もほぼゼロになります。
飼育者がしっかり管理することが前提ですけどね^^;


[PR]
by elco-pecador | 2011-10-26 20:20 | ロージーテトラ | Comments(0)