ブログトップ

無印さかな

elco2.exblog.jp

ひたすら飼育魚の繁殖を目指したいelcoのブログです。相互リンク大募集中! 管理人が泣いて喜びます^^

確かに色が変わる。

ポリセントラスの産卵から結構経ちますが、

そろそろまたメスとオスを一緒にして産卵させることも検討中です。

オスとメスは隣同士の水槽にいるのですが、ガラス越しのメスへの攻撃性がかなり弱くなってきました。
産卵~孵化数日までは鱗も剥がす位だったのですが、最近はアピールしたいという感じの近づき方です。

それでもオスは餌の活エビを食べる時、仔魚も吸い込みながらもすぐに吐き出す(エビは吐き出さない)という興味深い状況が続いています。
食欲も通常まで戻り(孵化数日はあまり食が無い状態でした)子に向けた意識もかなり薄れてきているようなので、産卵周期を確認するつもりでまた同居させたいな~とは思っていますが。

でも水槽がギリギリ足りないwww
アピストの産卵も重なっているのでキツいです^^;



さて、ここからは産卵の時の話に戻ります。
また過去話の小出しで申し訳ないですが、めんどくさがりの飼育者はそんなにネタが出きないので許してください^^


普段茶~こげ茶という感じのポリセントラスですが、
待ち伏せタイプの捕食者ですから、
体色が場所によってコロコロ変わる魚です。何かの影に隠れる時は黒っぽく。
ソイルがずれて白底水槽の白い部分がむき出しの上にいる場合は白く。

普段メスは体色が変化しない(し難い)ようなことが本に書かれていましたが、
特にそんなこともありません。
我が家のメス2匹は場所によって大きく変化もしますし、これがオスメスの区別をつける方法ではないですね。




メスの発情時や産卵時は白っぽくなったり、薄い茶色だったり。オスの発情期~稚魚育成期の間は普段より色が濃くなるようです。


b0230805_1262647.jpg



オスがどういう形で交尾するのか、どの瞬間精子を振りかけているのか興味があったのですが、非常に面白かったです。

b0230805_2228427.jpg


このポジションからでもかけているようですね。

尾びれでパタパタ。

未受精卵がほぼゼロだったことを考えると、相当量出しているのかなと思います。

次の産卵までしっかり餌をやらないと、体力が持たないかも・・・






上ではポリセントラスを待ち伏せタイプと書きましたけど、待ち伏せタイプとオヤニラミ(警戒心の強いワイルド個体の方ねw)の中間という感じがします。
[PR]
by elco-pecador | 2011-11-09 01:39 | ポリセントラス | Comments(0)